KeyTok Smile Turn To 90’sキーキャップレビュー|レトロさとポップさを兼ね備えたキーキャップ

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

メカニカルキーボードの楽しみ方の一つに、キーキャップの交換があります。

キーキャップを交換するだけで、今までとは違った、全く別のキーボードに変身させることができるため、たくさんのキーキャップを持っている方も多いでしょう。

そんな「着せ替え好き」にもおすすめしたいのが、KeyTokからリリースされた「Smile Turn To 90’sキーキャップ」です。

本記事では、その魅力をたっぷりお伝えしていきます。

キーキャップについては、KeyTokより提供されました。
本記事から成約した場合、GreenKeysの運営母体であるGreenoes Studioが収益を得る場合があります。

この記事の著者
Kawamura top R

GreenEchoes Studio代表

河村亮介(カワムラリョウスケ)

サイト運営者兼WEBライターとして自社メディアを立ち上げ、現在では複数の法人運営メディアの企画運営を行う。仕事上、ヘビーに文字を打つことが多く効率化を求めるうちにキーボード沼にハマり、「GreenKeys」を開設。

タップできる目次

Discount Code:ryo10

to save 10% off your purchase.

Discount Code:ryo10

to save 10% off your purchase.

クーポンコード一覧はこちら▷▷

好きなキーボードレイアウトを探す

当サイトは成果型報酬広告で運営されており、当サイト経由の商品購入で弊社が収益を得る場合がございます。また、当サイトで掲載しているキーボードに関しては、広告(PR)として紹介している部分もございますので、あらかじめご了承ください。この注意喚起情報は2023年10月1日施行の改正景品表示法第5条第3号の規定に準じています。

KeyTok Smile Turn To 90’sキーキャップの特徴と魅力

KeyTokは、中国を拠点にしているキーキャップ製造メーカーです。

その中でも「Smile Turn To 90’s」は、自社で販売しているキーキャップセットの一つ。

公式オンラインショップだけでなく、数多くのキーキャップを供給している「NuPhy」や日本正規販売代理店の「KIBU Shop」など、さまざまなショップで購入することが可能です。

Smile Turn To 90’sの構成はベースキットのみというシンプルな構成となっており、ノベルティーキットなどはありません。

キーキャップ数は162個と非常に多く、このキットだけでさまざまなキーボードに対応することができるでしょう。

Main01 a2765fba c031 4a3f 8e94
  • プロファイル:Smile Profile
  • 材質:シングルショットPBT
  • プリント:5面昇華型印刷(5 Dimention Dye-Sub)
  • 価格:$59.00 
Kawamura top RKawamura

クーポンコードを使うと10%オフで買えます!
購入の際にはぜひご活用ください!

Coupon KeyTok

Discount Code:ryo10

to save 10% off your purchase.

日本国内正規販売代理店での購入はこちら↓

私が感じた「Smile Turn To 90’s」の魅力は下記の4点です。

Smile Turn To 90’の魅力
  • デザインがレトロ・ポップで可愛い
  • アルチザンキーキャップがすごくいい
  • ほとんどのキーボードに適合可能
  • 打ちやすい独自プロファイル

デザインがレトロ・ポップで可愛い

まずはこのルックスをご覧ください。

DSC 9414
DSC 0012
DSC 0030

最高に可愛いでしょう。

見惚れてしまうくらいうっとりしてしまいます。

キーキャップのベースカラーは4色(黒、ベージュ、アースグリーン、フィエスタレッド)に見えますが、黒とベージュの2色のみです。

DSC 9377 1

このカラフルなルックスは5面昇華型印刷という技術で、キーキャップの上面(打鍵面)を1面とし、その周囲4面に「昇華型印刷(インクを染み込ませる印刷方法)」を施しています。

そのため、いろいろなカラーに見えるのでしょう。

材質自体は一般的なPBTシングルショットとなっています。

通常、キーキャップといえば、ベースカラーに1色、多くても2色のせるものが大半ですが、もはやこのキーキャップセットはそうした概念を根底から覆しています。

ベースカラーを生かしながら、3色を組み合わせて、非常にポップな印象に仕上がっている様は本当に素晴らしいとしか言いようがありません。

また、このキーキャップセットは「1990年代のフィルムカメラ」から着想を得て作成されており、当時流行した「ストレート型の携帯電話」のデザインを忠実に再現しているのです。

先ほどの画像を90度回転させると‥

DSC 9377

見てください!!携帯電話っぽい数字キーが出てきました。

Kawamura top RKawamura

わたし、そのうちに届くであろうTreasureのType-30にこのキーキャップをつけて、携帯電話ごっこをします。

TYPE30X.376
画像参照:https://treasuretypes.com/en-sg/products/type30

アルチザンキーキャップがすごくいい

DSC 9379

フィルムカメラをモチーフにしたテーマということで、レジン製のアルチザンキーキャップも別売りにはなりますが、購入することが可能です。($19.00)

しっかりと塗り分けされた四角いボディに、フィルムカメラのコロッとした形が見事に再現されています。

DSC 9380
DSC 9381
DSC 9417
Kawamura top RKawamura

このアルチザンキーキャップは、このキーキャップセットでは欠かせないアイテムと言えるでしょう。

ほとんどのキーボードに適合可能

DSC 9415

Smile Turn To 90’sキーキャップセットは、さまざまなキーキャップセットに対応可能です。

対応キーボード
  • 100%レイアウト
  • 96%レイアウト
  • 80%TKLレイアウト
  • 75%レイアウト
  • 65%レイアウト
  • 60%レイアウト
  • 40%レイアウト以下のキーボードの一部

写真は、Deadline Studio TPS40です。

このような40%レイアウトキーボードやDaisyレイアウトキーボードは短い「分割スペースバー」を利用することが多くあります。

そのサイズの多くは「2.25u/2.75u」の組み合わせとなっており、まさにこのキットのスペースバーは40%レイアウトユーザーも歓迎していると言えるでしょう。

Kawamura top RKawamura

こういういろいろなレイアウトに優しいキーキャップセット、好きです。

打ちやすい独自プロファイルと心地よい打鍵感

忘れてはいけないのが、独自開発した「Smileプロファイル」です。

一般的なCherryプロファイルをベースにしており、通常のCherryと比較すると、キートップ下部が半孤状にせり出しているのがわかるでしょう。

この「にこっ」とした形状により、指の接触面積が増えて打鍵しやすくなっているようです。

また、角も丸く処理されているため、指あたりも優しく、長時間のタイピングの時に進化を発揮しそうです。

また、内部チャンバーが加工れており、明確な底打ち音を作り出すことに成功してます。

写真でみるSmile Turn To 90’s

まとめ|このクオリティでこの価格は驚異的

以上、KeyTokの新作キーキャップ「Smile Turn To 90’s」のレビューをお伝えしてきました。

正直、このクオリティのキーキャップが$59.00で買えてしまうのは信じられません。

安すぎます。

最近では、5面昇華型印刷ができるキーキャップメーカーが増えてきましたが、KeyTokレベルの印刷ができるブランドはまだないのではないでしょうか。

気に入った方は、ぜひ公式オンラインショップからお買い求めください!

Main01 a2765fba c031 4a3f 8e94
  • プロファイル:Smile Profile
  • 材質:シングルショットPBT
  • プリント:5面昇華型印刷(5Dimention Dye-Sub)
  • 価格:$59.00 
Kawamura top RKawamura

クーポンコードを使うと10%オフで買えます!
購入の際にはぜひご活用ください!

Coupon KeyTok

Discount Code:ryo10

to save 10% off your purchase.

日本国内正規販売代理店での購入はこちら↓

キーボード関連情報募集中!新製品の情報や掲載してほしい内容があれば問い合わせフォームからどうぞ。

Kawamura

多くの企業様からご連絡をいただいています。
販売促進にぜひ当サイトをご活用ください!

気に入ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

GreenKeys著者情報

河村 亮介のアバター 河村 亮介 GreenKeys運営責任者/事業代表

WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表をしています。他社法人メディアの運営ほかキーボードメディアや通信系メディアへの寄稿を行うなど、ウェブライターとしても活動しています。今年はオリジナルキーキャップセットを作る予定。

タップできる目次