試作品レビュー!Lofree x Kailh 「Ghost 40gf / 静音リニア」レビュー

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

Lofree FLOWで採用されたLofree x Kailhのロープロファイルキースイッチ。

ロープロファイルの常識を覆すスムーズな打鍵感に驚いた方もきっと多いのではないでしょうか。

また、かつてリリースされたChoc V2との互換性があるということもあり、日本の自作キーボード界隈では非常に注目度の高いキースイッチの一つです。

そんな衝撃的キースイッチをリリースしたLofree ですが、新しいキースイッチを開発しているという情報を広報担当の方から入手することができました。

今回は「試作品で量産品ではない」「今後仕様を変更する可能性が十分にある」ことを踏まえることを条件とし、公開許諾をいただけたため、早速レビューをしていきたいと思います。

この記事の著者
Kawamura top R

GreenEchoes Studio代表

河村亮介(カワムラリョウスケ)

サイト運営者兼WEBライターとして自社メディアを立ち上げ、現在では複数の法人運営メディアの企画運営を行う。仕事上、ヘビーに文字を打つことが多く効率化を求めるうちにキーボード沼にハマり、「GreenKeys」を開設。

タップできる目次

Discount Code:ryo10

to save $5.00 off your purchase.

Discount Code:ryo10

to save 10% off your purchase.

Discount Code:ryo10

to save 10% off your purchase.

Discount Code:ryo10

to save 5% off your purchase.

クーポンコード一覧はこちら▷▷

好きなキーボードレイアウトを探す

当サイトは成果型報酬広告で運営されており、当サイト経由の商品購入で弊社が収益を得る場合がございます。また、当サイトで掲載しているキーボードに関しては、広告(PR)として紹介している部分もございますので、あらかじめご了承ください。この注意喚起情報は2023年10月1日施行の改正景品表示法第5条第3号の規定に準じています。

Lofree x Kailh 「Ghost 40gf / 静音リニア」レビュー

DSC 8666

今回提供していただいたのは、下記の2つです。

  • Ghost(リニア)40gf
  • 静音リニア 40-45gf(感覚値)

既存のGhost(55gf)との構造を比較していきましょう。

外観の違い

まずは外観の違いから見ていきましょう。

このように、Ghostに関しては、見た目は全く同じです。

恐らくはLEDを透過しやすくするために空いていると思われる穴も同様に空いています。

一方、サイレントリニアの方は、トップハウジングがクリア、ボトムハウジングはブラックとなっており、LED用の穴がありません。

代わりに、トップハウジング素材が蓋をするような形で嵌め込まれています。

Kawamura top RKawamura

ケースの中身は密閉されているような感じでした。

クリアケースとなったことで、ステムとの隙間が見やすいと思いましたが、かなりタイトとなっており、肉眼では隙間は見えません。

軸ブレについても、Ghost同様全てのスイッチで少ない印象を持ちました。

DSC 8675

追記:自信がなく触れなかった外観部分についての見解が得られたため掲載します。

ご指摘のとおり、サイレントリニアのトップハウジングの形状が異なり、Choc v2と同じようになっているとのことでした。

Kawamura top RKawamura

設計目線ではShadowシリーズに合わせた方がやりやすいのですね。
ただし、シリコンを入れる関係上合わせられなかった可能性も考えられます。

高さに関しても違いはありません。

DSC 8673

ストローク距離をデジタルノギスで計測してみましたが、全てのスイッチで2.8mmを記録しました。

分解ー内部構造の違い

Kawamura top RKawamura

ちょっと怒られそうですが、分解します。

20240410 060800 scaled
下:Ghost 50gf 上:Ghost 40gf

まずはGhostから分解しました。

一見、中身に大きな違いはありません。

バネの巻き数は若干異なっており、50gfは10巻、40gfは9巻のように見えます。

20240410 061013 scaled

肉眼では非常にわかりにくいですが、若干長さも異なっており、40gfの方が0.5mmほど短くなっていました。

続いて、静音リニアの方を分解してみます。

Kawamura top RKawamura

お分かりいただけるだろうか。

DSC 8680

ちょっとズーム。

DSC 8681

こんな小さいスイッチのステムの両脇に、シリコンゴムが付いています。

Ghostをはじめ、Lofree x Kailhのキースイッチは、ステムの底でボトムハウジングを「叩く」ような構造となっており、スイッチ単体では底打ち音がかなり目立つタイプのキースイッチです。

そのステムとボトムハウジングが直接HITしないようにシリコンゴムが仕込まれており、この構造こそが「サイレントリニア」たらしめているのだと推察します。

バネ長とバネの巻き数に関しては、Ghost 40gfと同じだったため、押下圧はおそらく40-45gf程度ではないでしょうか。

Kawamura top RKawamura

FLOWがあれだけコトコト気持ちが良いのは、キースイッチとの相性が非常によく考えられているためだと思います。
Ghost単体では底打ち音がかなり大きく、「ペチペチ」してしまうため、「コトコト」を目指すには、間違いなく吸音フォームが必須となるでしょう。

打鍵音の違い(動画あり)

20240410 062409 scaled

皆さんが一番気になるのはやはり打鍵音ではないでしょうか。

FLOWのA行を左から順に3つずつ、Ghost 50gf/ Silent Linear /Ghost 40gf と並べて、打鍵音の違いを検証しました。

Kawamura top RKawamura

同じ行にしたのは、場所によって打鍵音が異なっていることに配慮してです。

それでは早速聞いてみましょう。

このように、静音リニアに関しては、ほとんど底打ち音は感じられません。

若干のステムとトップハウジングのスレる音がしますが、かなり静かです。

Kawamura top RKawamura

静かな中でも打った時の低音は残っており、見事に高音域をスポイルできています。

一方で、Ghost 40gfの方は、「スプリングを短くしただけ」にもかかわらず、かなりハイ寄りな打鍵音となってしまいました。

Kawamura top RKawamura

Ghostの良さは、ローが強く出るコトコトとした打鍵音だと考えていたので、ちょっとショックでした。

打鍵感について

こちらは動画でも文字でも表現しにくい感覚的なものなのであくまでも参考程度に。

通常のGhostと比較すると、やはり両者ともに「軽い」打鍵感となっていました。

特に、現行のGhostでは、長時間のタイピングでは指が疲れてしまっていたため、この程度の重さであれば長時間のタイピングでも疲れてにくい印象が持てます。

また、静音リニアの底打ちをするときの感覚については、シリコン特有の「ぐにゃっとした感じ」もそこまで感じず、かなり快適にタイピングすることができました。

まとめ|静音リニアはロープロファイル界隈の革命児となる

以上、Lofree x Kailhのロープロファイルキースイッチの試作品についてレビューしてきました。

正直なところ、Ghost 40gfについては、打鍵音に関してまだまだ改善の余地があると感じています。

一方で、サイレントリニアに関しては、このままリリースしても十分日本のロープロファイルキーボード市場を席巻するだけのポテンシャルは秘めているのではないかと強く思いました。

最近では、Lowprokb.caから「Ambients Silent Choc Switches」のリリースが予定されていますが、やはりキーキャップの互換性という意味では、Choc V1よりもChoc V2に軍配が上がります。

ただし、Lofree x Kailhのロープロファイルキースイッチについては、まだまだ対応するキーボードの数が少なく(もともとChoc V2が使えるキーボード自体も少ない)、一般的に普及しているCherry Profileキーキャップを使用すると、スイッチプレートとキースイッチのスカート部分が干渉してしまうなどの課題も残っています。

今回はまだ「試作品」ということなので、今回のレビュー結果を伝え、さらなる改良品がリリースされることを期待しましょう。

また、カラーリングについてもどうなるのかは気になるところです。

何かしらのコンセプトに沿ったカラーリングになりそうな印象を持っています。

それにしても、Lofree、かなり日本市場に受け入れられてきていますね。

今後もLofreeから目が離せません。

キーボード関連情報募集中!新製品の情報や掲載してほしい内容があれば問い合わせフォームからどうぞ。

Kawamura

多くの企業様からご連絡をいただいています。
販売促進にぜひ当サイトをご活用ください!

気に入ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

GreenKeys著者情報

河村 亮介のアバター 河村 亮介 GreenKeys運営責任者/事業代表

本職はスマートフォンの乗り換え案内と通信費用節約の専門家です。Mac専用キーボード収集癖の集大成がこのサイト。やはり仕事のツールとして高品質なキーボードは欠かせません。WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表。

タップできる目次