基克龍 K4 Pro 發佈! 96% 佈局鍵盤,可在支援鍵映射自定義的 Mac 上使用

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

2023 年 1 月 10 日,Keychron 更新了官方推特,並宣佈推出 Keychron K4 Pro。

Keychron K4 Proは96%レイアウトのメカニカルキーボードであり、Windows/Mac/Linuxに対応しています。

価格は、ベアボーンモデルが$89、キースイッチおよびキーキャップが付属したモデルは$109です。

執筆時点では日本国内での正規販売はなく、購入するにはKeychron.comより個人輸入にて購入する必要があります。

フルサイズキーボードとほぼ同じキーレイアウトでこれだけのコンパクトさを実現しているK4 Proは、新たなスタンダードになりそうですね。

Keychronのここ最近の流れとしては、Vシリーズのリリースに加えて、既存モデルをQMK/VIA対応(キーマップの変更が可能)・ショックアブソーバーを備えた「Proモデル」をリリースして、商品ラインナップの拡充を図っています。

これまでにK3 ProK2 Proが発表されたことから、一般的にウケがよいキーボードからPro化を進めているとみられます。

この記事の著者
Kawamura top R

GreenEchoes Studio代表

河村亮介(カワムラリョウスケ)

サイト運営者兼WEBライターとして自社メディアを立ち上げ、現在では複数の法人運営メディアの企画運営を行う。仕事上、ヘビーに文字を打つことが多く効率化を求めるうちにキーボード沼にハマり、「GreenKeys」を開設。

タップできる目次

Discount Code:ryo10

to save $5.00 off your purchase.

Discount Code:ryo10

to save 10% off your purchase.

Discount Code:ryo10

to save 10% off your purchase.

Discount Code:ryo10

to save 5% off your purchase.

クーポンコード一覧はこちら▷▷

好きなキーボードレイアウトを探す

当サイトは成果型報酬広告で運営されており、当サイト経由の商品購入で弊社が収益を得る場合がございます。また、当サイトで掲載しているキーボードに関しては、広告(PR)として紹介している部分もございますので、あらかじめご了承ください。この注意喚起情報は2023年10月1日施行の改正景品表示法第5条第3号の規定に準じています。

Keychron K4 Pro とK4V2の違い【比較表】

新しく発売されたKeychron K4 Proについて、旧機種であるK4V2との違いをまとめてみました。

K4 ProK4V2
熱插拔對應不相容
(也存在相容模型)
QMK/VIA對應不相容
打字角度3º, 7º ,10º9° only
鑰匙開關Keychron K ProGateron G Pro 2.0
框架鋁框架(約 5 毫米)鋁製擋板(約 1 毫米)
* 僅限安裝型號
鑰匙帽材料Doubleshot PBTSingleshot ABS
金鑰設定檔OSA無說明
鍵佈局ANSI(僅限美國陣列)ANSI /JIS
無線連接工作時間
(背光關閉)
300 小時240 小時
大小390.6 x 139.2 mm 371 x 124 mm
重量1280 g770g

やはり、K4 Proへの大きな進化点は、QMK/VIA対応と静音性の向上が挙げられるでしょう。

structureofkeychronk4pro 1672386850967
画像参照:Keychron

従来のK4V2と比較すると、PCB(キーボード基盤)を吸音材とシリコンパッドでサンドイッチする構造となっており、大幅な打鍵音の減衰が期待できます。

また、「ベゼル」と呼称されていたアルミニウムフレームについても、1mmから5mmへ変更となっており、堅牢性に加えて打鍵音の反響を抑える効果も期待できるでしょう。

実際にKeychron K6とK6 Pro /K3とK3 Proで実際に試してみましたが、打鍵音に関しては全く別物といった印象でした。

無線接続が良いならK4 Proがおすすめ!有線でも良ければV5/Q5も検討

96%レイアウトの競合機種としては、Keychron V5Keychron Q5が挙げられます。

V5は比較的安価で、打鍵感についてもK4 Proとほとんど大差はないでしょう。

Q5に関しては、フルメタルボディとなっているため、K4 Proよりも重厚な打鍵感を味わうことができます。

ただし、両モデルともに有線接続のみとなっており、無線接続は行えません。

最近では、「Q1 Pro」のリリースも予定されているようですので、2023年中にも「Q5 Pro」が登場するかもしれませんね。

Keychron選びはグリーンキーズにおまかせ

グリーンキーズでは、キーレイアウト別に、お好みのキーボードを独自データベースから検索できる仕組みを備えています。

トップページから利用できますので、ぜひお試しください!

トップページを見る▷▷

キーボード関連情報募集中!新製品の情報や掲載してほしい内容があれば問い合わせフォームからどうぞ。

Kawamura

多くの企業様からご連絡をいただいています。
販売促進にぜひ当サイトをご活用ください!

気に入ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

GreenKeys著者情報

河村 亮介のアバター 河村 亮介 GreenKeys運営責任者/事業代表

本職はスマートフォンの乗り換え案内と通信費用節約の専門家です。Mac専用キーボード収集癖の集大成がこのサイト。やはり仕事のツールとして高品質なキーボードは欠かせません。WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表。

タップできる目次