Akkoから新しいキースイッチ2種類がデビュー!Cream Blue Pro/Cream Yellow Pro

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

2023年4月27日、Akkoは公式ツイッターアカウントを更新し、新たに2種類のキースイッチを発表しました。

新たに追加されたキースイッチ
この記事の著者
Kawamura top R

GreenEchoes Studio代表

河村亮介(カワムラリョウスケ)

サイト運営者兼WEBライターとして自社メディアを立ち上げ、現在では複数の法人運営メディアの企画運営を行う。仕事上、ヘビーに文字を打つことが多く効率化を求めるうちにキーボード沼にハマり、「GreenKeys」を開設。

タップできる目次

Discount Code:ryo10

to save 10% off your purchase.

Discount Code:ryo10

to save 10% off your purchase.

クーポンコード一覧はこちら▷▷

好きなキーボードレイアウトを探す

当サイトは成果型報酬広告で運営されており、当サイト経由の商品購入で弊社が収益を得る場合がございます。また、当サイトで掲載しているキーボードに関しては、広告(PR)として紹介している部分もございますので、あらかじめご了承ください。この注意喚起情報は2023年10月1日施行の改正景品表示法第5条第3号の規定に準じています。

新たに追加されたキースイッチは2種類

それでは新たに追加されたキースイッチについてみていきましょう。

新たに追加されたキースイッチ

Cream Blue Pro

2284b6dcf88009aca646eb9fe04023bf

Cream Blue Pro は、それまでのCream Blueのアップグレードバージョンです。

3.3mmのショートストローク、45gfと標準的なタクタイルスイッチと同等の押下圧が特徴となっています。

45個で$10.99、1個あたり$0.24=約31円と非常にお求めやすい価格となっているのも魅力と言えるでしょう。

従来からのアップグレード点は下記の通りです。

従来モデルからの進化点

  • 5ピンスイッチ(安定性向上)
  • 防塵ステム(安定性向上)
  • 銀接点をパラジウム金にアップグレード
  • リン銅を合金銅にアップグレード
  • レールに潤滑剤を塗布して摩擦を軽減

→全体として一貫性のあるタイピング体験が可能となるとしています。

商品仕様

  • Type: Tactile
  • Operating Force: 45gf ± 10gf
  • Total Travel: 3.3mm
  • Pre Travel: 2.2 ± 0.5mm
  • Tactile Position:0.1mm
  • Tactile Force: 55gf ± 10gf

Cream Yellow Pro

5a0e489eab4482aa6ff5ef931bcd9ce3

Cream Yellow Pro は、それまでのCream Yellowのアップグレードバージョンです。

3.3mmのショートストローク、50gfと標準的なリニアスイッチと比較すると若干重いのが特徴となっています。

45個で$10.99、1個あたり$0.24=約31円と非常にお求めやすい価格となっているのも魅力と言えるでしょう。

従来からのアップグレード点は下記の通りです。

従来モデルからの進化点

  • 5ピンスイッチ(安定性向上)
  • 防塵ステム(安定性向上)
  • 銀接点をパラジウム金にアップグレード
  • リン銅を合金銅にアップグレード
  • レールに潤滑剤を塗布して摩擦を軽減

→全体として一貫性のあるタイピング体験が可能となるとしています。

商品仕様

  • Type: Linear
  • Operating Force: 50gf ± 10gf
  • Total Travel: 3.3mm
  • Pre Travel: 2.0 ± 0.6mm
  • Tactile Position:N/A
  • Tactile Force: N/A

キーボード関連情報募集中!新製品の情報や掲載してほしい内容があれば問い合わせフォームからどうぞ。

Kawamura

多くの企業様からご連絡をいただいています。
販売促進にぜひ当サイトをご活用ください!

気に入ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

GreenKeys著者情報

河村 亮介のアバター 河村 亮介 GreenKeys運営責任者/事業代表

WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表をしています。他社法人メディアの運営ほかキーボードメディアや通信系メディアへの寄稿を行うなど、ウェブライターとしても活動しています。今年はオリジナルキーキャップセットを作る予定。

タップできる目次