「高級キーボードって言わせてくれよ…」悲痛なポストに6000件を超えるいいねが集まる

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

円安の影響…?本国では一体どのくらいの金銭感覚なのでしょうか。

2024年5月21日、MicrosoftはSurface Pro用の新型無線キーボードの発売を発表しました。

注目されたのがその価格です。

なんと、日本円で約8万円もの定価が付けられたのです。

PC Watchのポストには多数のコメントが寄せられました。

この価格設定に関しては、新たに発売されたiPad用の新型キーボードの価格(約6万円)に対抗したと捉える方も多くいたようです。

これに反応したのが、「元祖」高級キーボードを謳ってきたHHKB公式Xアカウントです。

HHKBといえば、静電容量無接点方式を採用した高級キーボードの老舗。

2023年10月に新発売となったHHKB Studioに関しては、販売価格が44,000円(税込)となるなど、同社の現行ラインナップの中では最高額となったことで話題となりました。(これまでで一番高額だっだのはおそらくHGシリーズで当時525,000円だった)

ただし、今回発表されたSurface Pro用のキーボードの方がはるかに高額だったことから、このようなポストになったとみられます。

こうしたウィットに富んだポストに対して、ファンからは温かいメッセージが届けられました。

個人的には、「価格が高いから品質が優れている」という構図にはなっていないと考えています。

HHKBに関しては、現行価格を維持しつつ、これをきっかけにもっとたくさんの人に使われてほしいと思います。

31jhBSIpu9L. SL160
created by Rinker
HHKB
¥36,850 (2024/06/23 17:28:04時点 Amazon調べ-詳細)

キーボード関連情報募集中!新製品の情報や掲載してほしい内容があれば問い合わせフォームからどうぞ。

Kawamura

多くの企業様からご連絡をいただいています。
販売促進にぜひ当サイトをご活用ください!

気に入ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

GreenKeys著者情報

河村 亮介のアバター 河村 亮介 GreenKeys運営責任者/事業代表

WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表をしています。他社法人メディアの運営ほかキーボードメディアや通信系メディアへの寄稿を行うなど、ウェブライターとしても活動しています。今年はオリジナルキーキャップセットを作る予定。

タップできる目次