AmazonダブルポイントウィークにKeychronが登場。スーパーコペック正規販売品なら技適適合済み!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

史上最大規模のAmazonブラックフライデーセールが終了した束の間、畳み掛けるように「Amazonダブルポイントウィーク」がスタートしました。

ダブルポイントウィークでは、キャンペーン期間中に対象商品を購入することで、獲得できるアマゾンポイントが2倍になるお得なキャンペーンです。

このダブルポイントウィークに、Macユーザーに大人気のKeychronメカニカルキーボードが登場しました。

その多くが、日本国内のKeychron正規販売代理店である「コペックジャパン」が販売しているため、技適対応となっており、安心して日本国内でも無線接続で利用することができます。

本記事ではダブルポイントとなっている商品を紹介していきましょう。

Kawamura top R

早速在庫切れとなっているものも多くなってきているためお買い求めの際はお早めに。

この記事の著者
Kawamura top R

GreenEchoes Studio代表

河村亮介(カワムラリョウスケ)

サイト運営者兼WEBライターとして自社メディアを立ち上げ、現在では複数の法人運営メディアの企画運営を行う。仕事上、ヘビーに文字を打つことが多く効率化を求めるうちにキーボード沼にハマり、「GreenKeys」を開設。

タップできる目次

Discount Code:ryo10

to save $5.00 off your purchase.

Discount Code:ryo10

to save 10% off your purchase.

Discount Code:ryo10

to save 10% off your purchase.

Discount Code:ryo10

to save 5% off your purchase.

クーポンコード一覧はこちら▷▷

好きなキーボードレイアウトを探す

当サイトは成果型報酬広告で運営されており、当サイト経由の商品購入で弊社が収益を得る場合がございます。また、当サイトで掲載しているキーボードに関しては、広告(PR)として紹介している部分もございますので、あらかじめご了承ください。この注意喚起情報は2023年10月1日施行の改正景品表示法第5条第3号の規定に準じています。

ダブルポイント対象のKeychron製品

今回のダブルポイントセールには共通した特徴があります。

Keychronのシリーズ別の特徴

  • Keychron Kシリーズ|国内正規販売代理店であるスーパーコペックが出品。すべて技適取得済みで無線接続OK
  • Keychron Qシリーズ|国内正規品ではない並行輸入品。有線接続のみなので技適取得有無は関係ない。
  • Keychron Vシリーズ|国内正規品ではない並行輸入品。有線接続のみなので技適取得有無は関係ない。
  • Keychron Cシリーズ|国内正規品ではない並行輸入品。有線接続のみなので技適取得有無は関係ない。

よって、どのシリーズを購入しても問題なく利用できるのが嬉しいポイントです。

ただし、Kシリーズ以外は、並行輸入事業者のマージンが乗っている関係で、公式販売価格と比較するとかなり高額です。

欲しい方は公式サイトで購入した方が良いでしょう。

技適未取得ですが、そもそも無線接続をしない限り技適の取得可否は関係ありません。

では早速紹介していきましょう。

Keychron Kシリーズ

pf ef0251cb KeychronK2hotswappablewirelessmechanicalkeyboardforMacWindowsiOSGateronswitchredbrownbluewithtypeCRGBwhitebacklightaluminumframehero Edited scaled
画像参照:Keychron

Keychron Kシリーズでダブルポイント対象となっているのは下記の8モデルです。

  1. Keychron K1V5(80%TKL)
  2. Keychron K2V2(75%)
  3. Keychron K3V2(75%)
  4. Keychron K4V2(96%)
  5. Keychron K5(100%)
  6. Keychron K8(80%TKL)
  7. Keychron K8 non backlight(80%TKL)
  8. Keychron K8 pro(80%TKL)

(一応、Keychron K5SE /Keychron K6 も対象だけども並行輸入品・技適未取得なので除外)

Keychron Kシリーズの特徴は、価格が比較的安価で、無線/有線接続が可能となっているのが特徴です。

安価なゆえに、ホットスワップに対応していないモデルや、ホワイトバックライトを搭載しているモデルはフレームがプラスチック製になっていたりと細かな差異があります。

また、Kシリーズは「Pro」を冠していない限り、キーマップの変更にはない対応していません。(QMK/VIA非対応)

また、偶数が「ノーマルプロファイルメカニカルキーボード」奇数が「ロープロファイルメカニカルキーボード」となっています。

Keychron Qシリーズ

keychronq1qmk75custommechanicalkeyboardversion2hero1 1650283406070 1651833885280 scaled
画像参照:Keychron

Keychron Qシリーズでダブルポイント対象となっているのは下記の5モデルです。

Qシリーズは、Keychronの中でも最上位という位置付けであり、オールフルメタルボディ・有線接続のみという大きな特徴があります。

すべての機種に「ダブルガスケット」を採用していることから、他の追随を許さないほどの打鍵音と打鍵感を誇り、購入して損はないでしょう。

もちろん、キースイッチが変更できる「ホットスワップ」にも対応済み。

ただし、超重量級となっているため、持ち運びはまず無理です。

有線接続専用機としては、抜群のタイピング性能を誇ります。

最上級のキーボードを求めているのであれば、Qシリーズことあなたにおすすめです。

Keychron Vシリーズ

keychron v2 custom mechanical keyboard with qmk via 1663401102043 1666841800077 scaled
画像参照:Keychron

Keychron Vシリーズでダブルポイント対象となっているのは下記の3モデルです。

Vシリーズは、QシリーズとKシリーズのいいとこどりをしたような特徴を持っています。

Qシリーズ同様に有線接続のみとなっていますが、全モデルでキーマップの変更が可能です。

ダブルガスケット構造は用いておらず、ボディもフルメタルではなくABS樹脂ですが、Kシリーズよりもノイズ対策が施されており静音性はKシリーズよりも上となっています。

もちろん、全モデルでホットスワップ対応済み。

安価にカスタマイズできるキーボードをお探しであれば、Vシリーズはあなたにピッタリでしょう。

Keychron Cシリーズ

pf 7f2fa221 KeychronC1hotswappablewiredtypecmechanicalkeyboardtenkeylesslayoutforMacWindowsiOSGateronSwitches Edited
画像参照:Keychron

Keychron Cシリーズでダブルポイント対象となっているのは下記の2モデルです。

Keychron Cシリーズは、Keychronの中でも最も安価でお求めやすい価格で購入できるのが特徴です。

全モデル有線接続のみとなっており、キーキャップ・キースイッチの交換も可能。

入門用のメカニカルキーボードを探してるのであればおすすめしたい商品と言えます。

キーボード関連情報募集中!新製品の情報や掲載してほしい内容があれば問い合わせフォームからどうぞ。

Kawamura

多くの企業様からご連絡をいただいています。
販売促進にぜひ当サイトをご活用ください!

気に入ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

GreenKeys著者情報

河村 亮介のアバター 河村 亮介 GreenKeys運営責任者/事業代表

本職はスマートフォンの乗り換え案内と通信費用節約の専門家です。Mac専用キーボード収集癖の集大成がこのサイト。やはり仕事のツールとして高品質なキーボードは欠かせません。WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表。

タップできる目次