FILCO「Majestouch MINILA-R Convertible」に新色のイチゴとミルクが追加

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

ダイヤテック株式会社は、2023年12月23日に、同社キーボードブランドであるFILCOから、コンパクトメカニカルキーボード「Majestouch MINILA-R Convertible」のカラーラインナップを追加したことを発表しました。

新色

  • MINILA-R イチゴ
  • MINILA-R ミルク

発売日は2023年1月6日となっており、公式販売サイトで予約販売を実施しています。

情報参照元:ダイヤテック / ダイヤテック「Majestouch MINILA-R Convertible」

この記事の著者
Kawamura top R

GreenEchoes Studio代表

河村亮介(カワムラリョウスケ)

サイト運営者兼WEBライターとして自社メディアを立ち上げ、現在では複数の法人運営メディアの企画運営を行う。仕事上、ヘビーに文字を打つことが多く効率化を求めるうちにキーボード沼にハマり、「GreenKeys」を開設。

タップできる目次

Discount Code:ryo10

to save $5.00 off your purchase.

Discount Code:ryo10

to save 10% off your purchase.

Discount Code:ryo10

to save 10% off your purchase.

Discount Code:ryo10

to save 5% off your purchase.

クーポンコード一覧はこちら▷▷

好きなキーボードレイアウトを探す

当サイトは成果型報酬広告で運営されており、当サイト経由の商品購入で弊社が収益を得る場合がございます。また、当サイトで掲載しているキーボードに関しては、広告(PR)として紹介している部分もございますので、あらかじめご了承ください。この注意喚起情報は2023年10月1日施行の改正景品表示法第5条第3号の規定に準じています。

MINILA-R イチゴ・ミルクのスペック

MINILA-R イチゴ: ピンクフレーム/白キーキャップ

FFBTR66MNPK 01 1
MX 茶軸MX 青軸MX 黒軸MX 赤軸MX SILENT 静音軸
日本語配列FFBTR66M/NPK
17,930円
FFBTR66MPS/NPK
18,700円
英語配列FFBTR63M/EPK
17,930円
FFBTR63MRL/EPK
17,930円
FFBTR63MPS/EPK
18,700円
価格はすべて税込

MINILA-R ミルク: 白フレーム/白キーキャップ

FFBTR66MPSNWT 01
MX 茶軸MX 青軸MX 黒軸MX 赤軸MX SILENT 静音軸
日本語配列FFBTR66M/NWT
17,930円
FFBTR66MPS/NWT
18,700円
英語配列FFBTR63M/EWT
17,930円
FFBTR63MRL/EWT
17,930円
FFBTR63MPS/EWT
18,700円
価格はすべて税込

これまでリリースされてきたMINILA-Rとスペック上は大きな変化はありません。

仕様詳細

本体サイズ

幅297×奥行124×高さ40mm(スタンド使用時46mm)/680g

カラーリング

  • ミルク|FFBTR6XXX/XXX
  • イチゴ|FFBTR6XXX/XXX
  • マットブラック|FFBTR6XXX/XXX
  • スカイブルー|FFBTR6XXX/XXX
  • スカイブルー|KOBO-SGY08-X-XXX
  • アサギ(ASAGI)|KOBO-ASG08-X-XXX
  • カモフラージュ|KOBO-CAM08-X-XXX
  • 漆/青磁風銀透かし塗り|KOBO-SIJ08-XXX-XXX
  • 漆/漆黒|KOBO-BLACK08-X-XXX
  • 漆/銀河(青)|KOBO-GXB08-X-XXX
  • 漆/銀河(金)|KOBO-GXG08-X-XXX
  • 漆/しぶき塗り(黒)|KOBO-SBKB08-X-XXX

インターフェース

USB2.0/Bluetooth5.1 HIDプロファイル

DIPスイッチ

SW1CapsLockと左Ctrl入れ替え
SW2CapsLockとESCの表裏入れ替え
SW3スタンダードモード(変換/無変換)
SW4右下カーソルキーの表裏を入れ替え
SW5Mac専用モード
SW6省電力モードオン/オフ
JP配列
SW1CapsLockと左Ctrl入れ替え
SW2CapsLockとESCの表裏入れ替え
SW3「¥|」とDelの表裏入れ替え
SW4右下カーソルキーの表裏を入れ替え
SW5Mac専用モード
SW6省電力モードオン/オフ
US配列

マニュアルに記載されていないDIPスイッチの組み合わせも一部可能

MINILA-Rマニュアルはこちら

同梱物

  • USBケーブル(1.8m)
  • 試供用単三乾電池 2本
  • 交換用キーキャップ
  • 専用キープラー
  • 取扱説明書 兼 保証書

その他特記事項

RoHS2(改正RoHS指令)対応

対応機種

  • OS:Windows XP SP2以降/Vista/7/8/8.1/10/11
  • 有線接続する場合はUSBポートを持つパソコン
  • 無線接続する場合はBluetooth HIDプロファイルに対応したパソコン
  • Bluetooth接続の際はBluetooth5.1対応のBluetooth機能が搭載されたパソコンまたはBluetooth受信アダプタが必要です。但し互換性の問題でまれに接続できない場合があります。全てのBluetooth受信アダプタに対応するものではありません。
  • ※Bluetooth接続のセットアップには動作可能なマウスが必要です。
  • ※Macモードは全てのmacOSでの動作を保証するものではありません。

情報参照元:https://www.diatec.co.jp/shop/MINILA-R/

MINILA-Rの特徴と選び方

MINILA-Rは、60%レイアウトを採用した超コンパクトキーボードです。

ホットスワップ仕様にはなっていないため、購入後にキースイッチの購入はできませんので、お好みの軸をじっくり検討してから選ぶ必要があります。

また、キーマップの変更には対応してませんが、背面のDIPスイッチでお好みのマッピングに変更することが可能です。

MINILA-Rの特徴

ファンクションキーと特殊キー、方向キーが省略されているため、上級者向けのキーボードと言えるでしょう。

特に方向キーの操作は、スペースバーの隣にある「Fnキー」と本体右下に配置された方向キーとの同時押し操作となるため、十分な慣れが必要です。

おすすめの配列は英語配列?日本語配列?

日本語入力の大きな特徴としては、かな-英数の切り替えと変換(スペースバー)→確定(エンターキー)の流れがあります。

Windowsユーザーの多くは、かな-英数の切り替えは「半角/全角」キーから行う場合がほとんどですので、特に不自由なく持ち替えることができるでしょう。

ただし、Macユーザーの場合、かな-英数を切り替える際には、スペースバーの両脇にある「英数」「かな」を使用します。

MINILA-Rの当該位置には「Fnキー」が来ており、ここからは変更できないため、スイッチングコストが非常に大きくなってしまうでしょう。

その場合は、「Control + Space」で代用した方が良さそうです。

この操作を覚えてしまえば、日本語/英数配列のキーボードのどちらを選んでも問題はないでしょう。

→詳細はFILCO Amazon公式オンラインショップでご覧ください。

キーボード関連情報募集中!新製品の情報や掲載してほしい内容があれば問い合わせフォームからどうぞ。

Kawamura

多くの企業様からご連絡をいただいています。
販売促進にぜひ当サイトをご活用ください!

気に入ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

GreenKeys著者情報

河村 亮介のアバター 河村 亮介 GreenKeys運営責任者/事業代表

WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表をしています。他社法人メディアの運営ほかキーボードメディアや通信系メディアへの寄稿を行うなど、ウェブライターとしても活動しています。今年はオリジナルキーキャップセットを作る予定。

タップできる目次