メカニカルキーボードのタイピングミスを物理的に防ぐための方法

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

メカニカルキーボードを利用している方が一度は通るのが、キーボードの配列の違いによる「ミスタッチ」ではないでしょうか?

特に75%レイアウトなどの、テンキーレスで且つ、特殊キーを右側一列に配列してあるようなレイアウトのキーボードは、日頃の慣れを持ってしても、どうしても「ミスタッチ」が多くなってしまう傾向にあります。

本記事では、メカニカルキーボードのミスタッチを物理的に防ぐ方法について紹介していきます。

ぜひ最後までご覧ください!

この記事の著者
Kawamura top R

GreenEchoes Studio代表

河村亮介(カワムラリョウスケ)

サイト運営者兼WEBライターとして自社メディアを立ち上げ、現在では複数の法人運営メディアの企画運営を行う。仕事上、ヘビーに文字を打つことが多く効率化を求めるうちにキーボード沼にハマり、「GreenKeys」を開設。

タップできる目次

Discount Code:ryo10

to save 10% off your purchase.

Discount Code:ryo10

to save 10% off your purchase.

クーポンコード一覧はこちら▷▷

好きなキーボードレイアウトを探す

当サイトは成果型報酬広告で運営されており、当サイト経由の商品購入で弊社が収益を得る場合がございます。また、当サイトで掲載しているキーボードに関しては、広告(PR)として紹介している部分もございますので、あらかじめご了承ください。この注意喚起情報は2023年10月1日施行の改正景品表示法第5条第3号の規定に準じています。

誤入力やミスタッチが多くなるであろうキーボードの代表例

あくまでの筆者の経験則ですが、メカニカルキーボードのミスタッチが多発するのは、「右手小指で押下する機会が多いキー」だと考えています。

特に頻発するレイアウトは「75%レイアウト」のキーボードです。

まずは、キーレイアウトの例から見ていきましょう。

このように、省略されるキーが増えるほど、右端に省略されきれなかったキーが集約されるのが特徴となっています。

特に、図の緑色で示した「特殊キー」が、右一列に配置する格好となるのです。

よく見ると、これらの特殊キーは、頻回にタイピングする「バックスペースキー」や「Enterキー」の右側に位置していることがわかります。

…要するに、「右手小指でタイピングする」キーの横にあるキーが「頻回にミスタイピングされるキー」ということができるでしょう。

そして、この条件に当てはまるキーが「75%レイアウトよりコンパクト」なキーボードに限られてくるのです。

ミスタッチが多い代表的なキーボードは下記の通りです。

75%レイアウト

75%レイアウトキーボードを探す▷▷

Kawamura top R河村

Keychron Q1/Q10/V1など、物理的に右一列が独立している場合は誤入力の心配はありません。

70%レイアウト

70%レイアウトキーボードを探す▷▷

65%レイアウト

65%レイアウトキーボードを探す▷▷

メカニカルキーボードの誤入力を防ぐ方法

ここからは「物理的に」語打を防ぐ方法を3つ紹介していきましょう。

ミスタイピングを防ぐ方法
  1. キーキャップを外す
  2. キースイッチを外す→キースイッチブロッカーを装着する
  3. キーロックを装着する
  4. キーボードを取り替える

キーキャップを外す

MX Mechanical 10

語打を防ぐには「押せないようにする」のが一番手っ取り早い解決方法です。

よって、キーキャップを外してしまうことで、ある程度「押せない」環境を作ることが出来ます。

しかし、何かの拍子で押してしまう可能性が残る上に、見た目上、美しくありません。

キースイッチを外してキースイッチブロッカーを装着する(おすすめ)

Air75Hotswap
画像参照:NuPhy

上記に加えて、キースイッチごと外してしまえば、ミスタイプすることは物理的に無くなります。

ただし、見た目上美しくないことに加ええて、外して基盤が露出した部分に埃が溜まってしまうというデメリットが出てきてしまうのがネックでしょう。

また、ホットスワップ対応キーボードでないとこの方法は使えません。

ホットスワップ対応キーボードであれば「キースイッチブロッカー」を装着するのが最もおすすめできます。

IMG 20230412 133051 scaled
Kawamura top RKawamura

これはKeychron Q11の外周部分にキースイッチブロッカーを装着した際の写真です。

このように、75%レイアウトキーボードを65%のように使うことも可能です。

081e8486 a550 413d 974d 6ec10bf785f9 base resized
画像参照:https://darakuneko.booth.pm/items/3762304

Daraku-NekoさんのBoothから購入可能ですので、ぜひお試しください!

キーロックを装着する(おすすめ!)

FKL01 02
画像引用:ダイアテック株式会社

ホットスワップに対応していないキーボードでも対応できる方法がこの「キーロック」を装着する方法です。

これであれば、キーキャップを外すことなく、キースイッチもそのままに「物理的に押せなく」なります。

FKL01 03
画像引用:ダイアテック株式会社
FKL01 04
画像引用:ダイアテック株式会社

FILCOブランドで、キーボードやパームレストの販売を手掛ける「ダイヤテック株式会社」が販売する商品となっており、信頼性は抜群でしょう。

ただし、このキーロックですが、ロープロファイルキースイッチには使えません。

あくまでも「Cherry MX」キースイッチのみに利用が限られているので注意が必要です。

そのほか、下記キースイッチには利用できませんので注意しましょう。

利用できないキースイッチ

  • Enter /Space /Shiftなどのキーの大きさが1Uではないキー
  • ESC /ファンクションキー などの最上段の列

利用について保証対象外のキースイッチ

  • Cherry MX互換キースイッチを搭載しているキーボード

→当サイトではあくまでも紹介するのみです。動作に関しては保証できませんのでご了承ください。

キーボードを取り替える

思い切ってキーボードを取り替えてみるというのも一つの手でしょう。

メカニカルキースイッチでは無くなりますが、MX Miniであれば、ファンクションキーが右側に配列しておらず、ファンクションキーも搭載しているため、非常に快適にタイピングすることができます。

また、60%レイアウトのキーボードであれば、そもそも右側一列がないため、快適にタイピングできるでしょう。

60%レイアウトのキーボード一覧を見る▷▷

まとめ

以上、物理的にキーボード入力時のミスタッチを防ぐ方法について解説してきました。

やはり「慣れる」のが一番ですが、長年の手癖を直すのは非常に難しいですね…。

そんな時は「キーロック」で対策するのも良いかもしれません。

キーボードチップスでした。

キーボード関連情報募集中!新製品の情報や掲載してほしい内容があれば問い合わせフォームからどうぞ。

Kawamura

多くの企業様からご連絡をいただいています。
販売促進にぜひ当サイトをご活用ください!

気に入ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

GreenKeys著者情報

河村 亮介のアバター 河村 亮介 GreenKeys運営責任者/事業代表

WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表をしています。他社法人メディアの運営ほかキーボードメディアや通信系メディアへの寄稿を行うなど、ウェブライターとしても活動しています。今年はオリジナルキーキャップセットを作る予定。

タップできる目次