MODE Envoyレビュー!独特の打鍵感がたまらないメカニカルキーボード

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

現在では在宅勤務がスタンダードとなっている企業も増えてきており、自宅のデスクでパソコンを使って仕事をする方も多いことでしょう。

使用するパソコンに関しては、スペックなどのハードウェア部分に目が行きがちですが、ぜひキーボードにも注目してみてください。

キーボードは、文字を入力できる非常に優れたデバイスで、音声入力が発達した現在でも、音声入力よりも高速かつ正確に文字を反映できるため、最もポピュラーな入力手段となっています。

ただし、キーボードの品質を向上させることで、さらに効率的にタイピングできることはあまり知られていません。

加えて、キーボードはただの入力デバイスとしてだけでなく、あなたのデスク環境を彩るマテリアルの一つにもなります。

IMG 20230331 055836 scaled

今回紹介する「Envoy」というメカニカルキーボードは、入力のしやすさや見た目の美しさの両方で、非常に完成度の高い商品に仕上がっていると言えるでしょう。

この記事では、「Envoy」の魅力について紹介していきます。

「Envoy」で、あなたのタイピング体験をアップグレードしましょう。

Envoyについては、MODE Designsより提供していただきました。
公式サイトより引用した画像以外の所有権はGreenKeysに帰属します。

情報参照元および画像参照元:MODE Designs

MODE Designs Envoy
Mode Design Envoy 39
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 素晴らしいタイピング体験が出来る
  • 自分好みのオーダーが可能
  • 価格が安くコストパフォーマンスに優れる
  • 所有欲を満たしてくれる見た目の美しさが素晴らしい
  • mac OSX/Windows,Linux対応
  • QMK/VIA対応でキーマップの変更が可能
デメリット
  • アクセントピースがタイピング時に見えない
  • ポリカーボネート素材じゃないとアンダーグローRGBライティングがうまく光らない
  • 一部モデルでは自分で組み立てる必要がある
  • 完成済モデル以外は追加パーツの購入が必要
  • ファンクションキーがない
  • ハンダ付けが必要なPCB基板は一度組み立てるとレイアウト変更が難しい
この記事の著者
Kawamura top R

GreenEchoes Studio代表

河村亮介(カワムラリョウスケ)

サイト運営者兼WEBライターとして自社メディアを立ち上げ、現在では複数の法人運営メディアの企画運営を行う。仕事上、ヘビーに文字を打つことが多く効率化を求めるうちにキーボード沼にハマり、「GreenKeys」を開設。

タップできる目次

Discount Code:ryo10

to save $5.00 off your purchase.

Discount Code:ryo10

to save 10% off your purchase.

Discount Code:ryo10

to save 10% off your purchase.

Discount Code:ryo10

to save 5% off your purchase.

クーポンコード一覧はこちら▷▷

好きなキーボードレイアウトを探す

当サイトは成果型報酬広告で運営されており、当サイト経由の商品購入で弊社が収益を得る場合がございます。また、当サイトで掲載しているキーボードに関しては、広告(PR)として紹介している部分もございますので、あらかじめご了承ください。この注意喚起情報は2023年10月1日施行の改正景品表示法第5条第3号の規定に準じています。

Envoyの特徴

Mode Design Envoy 29

Envoyは、フルアルミニウム合金ボディを採用した65%レイアウトのメカニカルキーボードです。

製造と販売は、アメリカマサチューセッツ州にある「MODE Designs」が行っています。

MODE Designs

やはり、Envoyの一番の特徴は、PCB基盤のマウント方法でしょう。

Envoyでは、「ブロックマウントシステム」というマウント方法を採用しており、キーボードボディの中で、キースイッチが付いているPCB基盤が宙に浮いているような構造になっています。

通常のメカニカルキーボードでは、基盤がボディにネジ止めされており、打鍵時の衝撃はすべてボディに伝達されてしまい、不快な反響音が生じるだけでなく、跳ね返ってきた振動が打鍵時に手に伝わることで、「気持ちの良い打鍵感」からは遠ざかってしまうのです。

Envoyでは、基盤がブロックを介して宙に浮いているため、不快な反響や振動を抑えて、画期的なタイピング体験を実現しています。

この他にも、Envoyを自分の好きな仕様にカスタマイズできる「Configure Yours」や、キーキャップを含めた完成済み仕様の「Full Kit」を選択できるなど、メカニカルキーボードに詳しく無い方でも商品が選択しやすいのも魅力的な特徴の一つでしょう。

Envoyのデメリットと注意点

Mode Designs Envoy 95

Envoyは、一般的にイメージするキーボードと比較するとやや高額となっています。

購入後に後悔しないためにも、以下の点に注意しましょう。

Envoyを購入する前の注意点
  1. アクセントピースがタイピング時にみえない
  2. ポリカーボネート素材じゃないとアンダーグローRGBライティングがうまく光らない
  3. 一部モデルでは自分で組み立てる必要がある
  4. 完成済モデル以外はキーキャップは別途購入が必要
  5. ファンクションキーがない

アクセントピースがタイピング時に見えない

Envoyは、工芸品のような美しさで、インテリアとしても非常に大きな存在感を放ちます。

特に、素材感の異なる背面のアクセントピースや底面のウェイトブロックは、その美しさを際立てているのは間違いないでしょう。

ただし、それらのアクセントピースは、残念ながらタイピングを行う時には見えません。

熟練したタイピストほど、タイピング時はパソコンの画面しか見ないケースが多いため、それほど気にすることではないでしょう。

Kawamura top RKawamura

私自身もタイピングをする時はほぼ手元は見ていません。

ポリカーボネート素材じゃないとアンダーグローRGBライティングがうまく光らない

Mode Designs Envoy 83

EnvoyにはRGBライトが用意されています。

しかし、一般的なRGBライトが南向きになっているのに対して、EnvoyのRGBライトは本体の底面を光らせる「アンダグロータイプ」となっているのです。

そのため、ボディ本体をポリカーボネート素材を選択しないと、RGBライトの美しさを体験することは難しいでしょう。

Kawamura top RKawamura

私はフルアルミニウムボディのものを提供していただきましたが、RGBライトは全く見えません。

一部モデルでは自分で組み立てる必要がある

Mode Designs Envoy 66

Envoyの購入方法は2つあります。

Envoyの購入方法
  • 自分の好みの仕様でオーダーする(Configure Yours)
  • 完成済みキット(Full Kit)を購入する

この時に、自分好みの仕様をオーダーできる「Configure Yours」を選択した場合、自分で組み立てる必要があります。

ハンダつけPCB基盤を選択した場合は、ハンダゴテを使用して自分で組み立てなければいけません。

ただし、ホットスワップ対応基盤を選択すれば、組み立てはそこまで大変ではないため安心してください。

Kawamura top RKawamura

この記事の後半で組み立て方法についても説明しています。

完成済モデル以外は追加パーツの購入が必要

Mode Design Envoy 18

完成済みキット以外を購入した場合、追加パーツの購入が必要です。

追加購入が必要なパーツ
  • キースイッチ
  • スタビライザー
  • キーキャップ

これらの商品は、すべてMODE Designsで購入することができます。

キースイッチ

Anthracite Silent Tactile Switches
Tomorrow Tactile Switches
Obscura Linear Switches
Reflex Linear Switches
Signal Tactile Switches

スタビライザー

Durock V2 Stabilizers

キーキャップ

Anthracite Keycaps
Tomorrow Keycaps
Obscura Keycaps

画像参照元:MODE Designs

ファンクションキーがない

Mode Designs Envoy 75

ご覧いただくとわかるように、Envoyにはファンクションキーがありません。

一般的なラップトップパソコンのキーボードは、ファンクションキーがある75%レイアウトとなっているため、若干戸惑う方もいらっしゃるでしょう。

英語圏やその他の国では、ファンクションキーの利用頻度はそれほど高くないかもしれませんが、とりわけ日本では、「F7=カタカナ変換」で使用している方は多いのではないでしょうか。

どうしてもファンクションキーが欲しい方は、75%レイアウトキーボードである「Sonnet」も検討してください。

Kawamura top RKawamura

カタカナ変換は、Windowsでは「Ctrl+I」、Macでは「Control+K」で代用可能です。

ハンダ付けが必要なPCB基板は一度組み立てるとレイアウト変更が難しい

Envoyのハンダ付けが必要なPCB基板は、下記のように非常に柔軟なレイアウトを選択できます。

envoy 65 layout solder

例えば、2U BackSpaceをSplit BackSpaceへ変更したい場合、スタビライザーを取り外す必要があります。

スタビライザーは、PCB基板とプレートの間に挟まれているため、スタビライザーを外すにはすべてのキースイッチのハンダを外す必要があるのです。

熟練したハンダ付け技術を持っている方以外は、レイアウト変更には非常に多くの時間を費やしてしまうでしょう。

ただし、スタビライザーを外さないような変更では、数か所のハンダ付けを修正するだけで変更が可能です。

Envoyのメリットと魅力

Mode Design Envoy 33

ここからは、Envoyの魅力についてみていきましょう。

私が実際にEnvoyを利用して感じた魅力は、下記の5つです。

Envoyの魅力
  1. 素晴らしいタイピング体験が出来る
  2. 自分好みのオーダーが可能
  3. 価格が安くコストパフォーマンスに優れる
  4. 所有欲を満たしてくれる見た目の美しさが素晴らしい
  5. mac OSX/Windows,Linux対応
  6. QMK/VIA対応でキーマップの変更が可能

素晴らしいタイピング体験が出来る

まずはこちらの動画をご覧ください。

コトコトとしたサウンドが非常に気持ちいでしょう。

英語圏ではこのようなASMR的な「脳が喜ぶコトコトしたサウンド」を「Thocky」と形容します。

Kawamura top RKawamura

日本ではなんとも形容し難いですが、いい音というのは間違いありません。

Envoyの最も特徴的な魅力の一つが、素晴らしいタイピング体験ができるということでしょう。

その打鍵感はガスケットマウント構造のキーボードとはまた異なっており、柔らかさの中にもしっかりとした芯があるのが大きな特徴となっています。

この打鍵感を生み出している秘訣は、Envoy独自のPCB基盤のマウント方法でしょう。

私自身、この打鍵感には本当に驚きました。

私はどちらかというと最近流行っているガスケットマウントの「より柔らかい」打鍵感が好みです。

しかし、ガスケットマウントでは時折「ぐにゃぐにゃ」とした安定感のない打鍵感となることも多く、完璧に満足できるものではありませんでした。

一方で、このラティスブロックマウントシステムは、柔らかさの中にしっかりとした芯があり、「硬さと柔らかさの両立」ができている素晴らしい仕組みだと評価します。

1178e5584005b26d4afccbb91523ad0d
画像参照元:MODE Designs

この「ブロックマウントシステム」では、好みに応じて2種類のブロックを選択することができます。

PCB基盤は、ケースにたった2つのネジで止められているだけなので、気分に応じて簡単に違う種類のブロックマウントへ変更することもできます。

Kawamura top RKawamura

ブロックは購入すると2種類付属してきます。

Lattice Block Mount 

ラティスブロックの素材は、MODE DesignsがCarbon 3Dと提携し、Carbon DLS™ 3D 印刷プロセスとボロノイ ラティスと呼ばれる3D構造を利用して、独特の弾むようなタイピング感を作り出すことに成功しました。

これにより「夢のような柔軟なタイピング体験」ができるのです。

The lattice block mount combines Carbon’s DLS printing process and Voronoi lattices to create a dreamy, flexible typing experience.

https://modedesigns.com/pages/envoy

Solid Block Mount

ソリッドブロックの素材は、従来のより硬いタイピング体験を提供するエラストマー ブロックで作られています。

これにより、よりしっかりとした打鍵感を楽しむことができるでしょう。

Kawamura top RKawamura

ラティスブロックシステムをインストールした基盤の柔らかさはこんな感じです。

自分好みのオーダーが可能

331865d1a22fa98c982efeaf3f87d427
画像参照元:MODE Designs

Envoyには2種類の購入方法が用意されています。

Envoyの購入方法
  • 自分の好みの仕様でオーダーする(Configure Yours)
  • 完成済みキット(Full Kit)を購入する

このように、「Configure Yours」を選択すればケース、アクセントピース、バランスウェイト、プレート、PCB基盤、マウントブロックをあなた好みの好きなものを選択することができるのです。

特にボディの素材(アルミニウムもしくはポリカーボネート)、プレートの素材は打鍵感に大きく影響します。

下記に素材の特徴と打鍵感に与える影響についてまとめましたので、参考にしてください。

素材特徴
POM柔らかい。底打ちの感触を和らげる。音は比較的ハイピッチとなりやすい。POMとはポリオキシメチレン(Polyoxymethylene)を略したもので、熱可塑性樹脂の一種
FR4樹脂系素材よりは硬いが比較的柔らかい素材。ファイバーガラスの層を重ねて作られている。
Carbon Fiber樹脂系素材よりは硬く、弾力性に富む。打鍵音の音量が大きい。アルミニウムよりは柔らかい。
Aluminum硬すぎず柔らかすぎない無難な素材。合成樹脂系の柔らかな打鍵感を求める人には向かない。
Copper非常に硬い。打鍵感も硬くなる。
一部参考:Self-Mede Keyboards in Japan

より柔らかい打鍵感を求めたい方は、ケースはポリカーボネート、プレートはPOMを選択した方が良いでしょう。

GreenKeysおすすめの組み合わせ

本体素材プレート打鍵感
PolycarbonatePOMよりソフトでアンダーグローが美しい。
AluminumPOMソフトな打鍵感。
AluminumCarbon Fiber柔らかさの中に芯がある。
AluminumAluminum硬めの打鍵感
Kawamura top RKawamura

私はAluminumケースにCarbonfiberプレートをチョイスしています。

Envoy can also be customized by you.

Chassis 

  • Black
  • Mirage
  • Green
  • White
  • Polycarbonate

Accent 

  • Grey
  • Gold
  • Walnut
  • Copper
  • Multicolor
  • Silver Mirror

Weight 

  • Grey
  • Gold
  • Copper
  • Multicolor
  • Silver Mirror

Plate 

  • FR4
  • POM
  • Aluminum
  • Carbon Fiber
  • Copper

PCB 

  • Solder
  • Hotswap

Feet and Mounting Blocks 

  • Grey
  • Black

情報参照元:https://modedesigns.com/pages/envoy

以上を踏まえて、完成品の組み合わせを見ると、非常に参考になります。

Envoy Full Kit – Atlas

front bg white Y0b1b3a caps
画像参照元:MODE Designs

$289.00

Keycaps                                                                    

  • Obscura
  • Tomorrow
  • Anthracite

Switches 

  • Obscura Linear
  • Tomorrow Tactile
  • Anthracite Silent Tactile

Everything you need to build an Envoy, featuring a hand selected configuration by our team. This kit includes:

  • Keycaps (Full Kit)
  • Switches (70x)
  • Stabilizers (Durock V2)
  • 0.5mL Lube Syringe

As well as an Envoy Configured as follows:

  • Case: Mirage Blue Aluminum
  • Accent: Gold Aluminum
  • Weight: Gold Aluminum
  • Plate: FR4 (our most popular plate material)
  • PCB: Hotswap (no soldering required)

情報参照元:https://modedesigns.com/pages/envoy

価格が安くコストパフォーマンスに優れる

Mode Design Envoy 2

Envoyの魅力の一つとして挙げられるのは、非常に価格が安価ということです。

Envoyは、$189.00から購入することが可能となっています。

これは、兄弟機種である75%レイアウトの「Sonnet($339.00〜)」比較しても、非常に安価となっていことがわかるでしょう。

しかし、安いからといって決して品質が劣るわけではありません。

先述したように、Envoyのブロックマウントシステムは非常に革新的であり、抜群の打鍵感を提供します。

MODE Designsでキーボードを購入するのであれば、Envoyが最もお得な買い物と言えるでしょう。

所有欲を満たしてくれる見た目の美しさが素晴らしい

Mode Designs Envoy 73

Envoyの外観は、工芸品のような美しさがあります。

特に私が気に入っているのが、異素材の組み合わせによる芸術性の高さです。

鈍い光沢のある緑色のボディにウォールナット材の組み合わせは、まるでインダストリアルデザインインテリアを思わせるような重厚な佇まいを感じさせてくれます。

Mode Design Envoy 8

この美しさは、Envoyを手にした方のみが味わうことができるでしょう。

mac OSX/Windows,Linux対応

Envoyは、Windowsだけでなく、macOSX/Linuxにももちろん対応しています。

それぞれのモード切り替えスイッチはありませんが、後述するキーマップ変更ソフトを使うことで柔軟に対応することができるでしょう。

QMK/VIA対応でキーマップの変更が可能

pf 82f78c7c qmkvialogo

Envoyはオープンソースのキーマップ変更ツールである「QMK」と「VIA」に対応しているため、それぞれ好きなソフトを使って、あなただけのキーマップを作成することが可能です。

Remapでの動作については確認中です。

Kawamura top RKawamura

私はMacでHHKBを使うことが多いため、CapsLockをControlに変更しています。また、キーボード最下段左端のキーは、⌘キーを設定することで、小指で押下したままショートカットキーが押せるようにカスタマイズしています。

このように、キーマップを自分で決めることで、Envoyはあなたにとって本当に使いやすいキーボードに生まれ変わるのです。

Envoyの組み立て方法について

ここではEnvoyの組み立て方法について説明していきます。

組み立て方法は下記の6ステップです。

Envoyの組み立て方法
  1. バランスウェイトを取り付ける
  2. アクセントバーを取り付ける
  3. ドーターボードを取り付ける
  4. ブロックマウントを取り付ける
  5. PCB基盤とドーターボードを接続する
  6. PCB基盤をボディに取り付け

(※あらかじめPCB基盤にキースイッチをつけている前提です。また、本体底面に滑り止めを貼る工程は省略しています。)

動画も作成したため、こちらも合わせてご覧ください。

STEP
本体底面にバランスウェイトを取り付ける
Mode Designs Envoy Build Guide 1 scaled

本体底面にバランスウェイトを当てます。

Mode Designs Envoy Build Guide 2 scaled

裏返した後、底面の3箇所をねじ止めしましょう。

STEP
アクセントプレートを装着する
Mode Designs Envoy Build Guide 3 scaled

本体背面にアクセントプレートをフィットさせます。

Mode Designs Envoy Build Guide 4 scaled

内側背面にあるネジを3箇所止めましょう。

STEP
ケースにドーターボードを取り付ける
Mode Designs Envoy Build Guide 5 scaled

ケース中央部にある窪みにドーダーボードをフィットさせます。

Mode Designs Envoy Build Guide 6

ケース底面に4箇所ねじ止めをしましょう。

STEP
ブロックマウントを取り付ける
3eab0fdc568b9a01b73bb889fc174961 scaled

ケース内側の6箇所に、お好みのブロックマウントを取り付けましょう。

柔らかな打鍵感が良い方はラティスブロックを、硬い打鍵感が良い方はソリッドブロックをはめ込みましょう。

STEP
PCB基盤とドーターボードを接続する
Mode Designs Envoy Build Guide 7 scaled

コネクターの向きに注意しながら、PCB基盤背面中央にあるコネクター挿入口に、ドーターボードのコネクターを挿入しましょう。

STEP
PCB基盤をケースにネジ止めする
Mode Designs Envoy Build Guide 8 scaled

あらかじめハンダつけ、もしくはホットスワップ対応基盤であればキースイッチをインストールしたPCB基盤をケースにネジ止めします。

左側上部と右下下部の2箇所をネジ止めすれば完成です。

Envoyのスペック

内容物

  • Case
  • Screwdriver
  • Plate
  • Keycap and switch puller
  • Weight
  • Fasteners
  • Accent
  • Carry Case
  • PCB
  • Feet
  • Daughterboard
  • Lattice & Solid Mount Blocks

※フルキットの場合は下記が付属します。

  • Keycap Set
  • Stabilizer lube syringe
  • Switches
  • Stabilizers

寸法

Typing angle5.8 degrees
Front Height19.5mm
Width317mm
Depth112mm
Weight1.3lbs-3.4lbs unassembled

使用素材

CaseAluminum, Polycarbonate
AccentAluminum, Copper, Stainless Steel, Walnut
WeightAluminum, Copper, Stainless Steel
PlateAluminum, Carbon Fiber, Copper, FR4, POM

PCB基盤のレイアウト

envoy 65 layout solder
Switches66-69 MX-style switches
ConnectionUSB-C
Thickness1.6mm
OptionsHotswap or Solder
LightingRGB underglow
FirmwareQMK/VIA supported
MCUARM

Designed by Gondolindrim

Envoyのギャラリー(画像と動画)

まとめ

以上、MODE Designs Envoyについてレビューしてきました。

この記事の原文は日本語ですが、英語圏の「Best Keyboard」の検索ワードでも、日本語の「キーボード おすすめ」などの検索ワードでも、大体上位になっているのは「Keychron」か「Logitech」です。

確かにそれらのキーボードはかなりメジャーとなっているため、利用者が多く口コミが多い影響もあるため、きっと人気となっているに違いないでしょう。

MODE Designs「Envoy」に関しては、決してメジャーなブランドでもメジャーなキーボードでもありません。

だからこそ、この記事を読んだ方にぜひその良さを知って欲しいです。

GreenKeysはMODE Designsと提携しており、当サイトに掲載してあるアフィリエイトリンクから成約すると、報酬を得ることがあります。

その報酬で、さらにEnvoyの魅力を発信するためのコンテンツを作ることにつながるのです。

Envoyに興味を持った方、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか?

Envoyはきっと、素晴らしいタイピング体験をあなたもたらしてくれることでしょう。

キーボード関連情報募集中!新製品の情報や掲載してほしい内容があれば問い合わせフォームからどうぞ。

Kawamura

多くの企業様からご連絡をいただいています。
販売促進にぜひ当サイトをご活用ください!

気に入ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

GreenKeys著者情報

河村 亮介のアバター 河村 亮介 GreenKeys運営責任者/事業代表

本職はスマートフォンの乗り換え案内と通信費用節約の専門家です。Mac専用キーボード収集癖の集大成がこのサイト。やはり仕事のツールとして高品質なキーボードは欠かせません。WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表。

タップできる目次