Keychron K5 SEにダブルショットPBTキーキャップを搭載したモデルが登場

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

2022年12月15日、Keychronはツイッターを更新し、Keychron K5 SE に同社がオプション品としてリリースしている「Low Profile Double Shot PBT LSA Keycap」を採用したモデル2種を追加しました。

画像参照および情報参照元:Keychron.com

この記事の著者
Kawamura top R

GreenEchoes Studio代表

河村亮介(カワムラリョウスケ)

サイト運営者兼WEBライターとして自社メディアを立ち上げ、現在では複数の法人運営メディアの企画運営を行う。仕事上、ヘビーに文字を打つことが多く効率化を求めるうちにキーボード沼にハマり、「GreenKeys」を開設。

タップできる目次

Discount Code:ryo10

to save 10% off your purchase.

Discount Code:ryo10

to save 10% off your purchase.

クーポンコード一覧はこちら▷▷

好きなキーボードレイアウトを探す

当サイトは成果型報酬広告で運営されており、当サイト経由の商品購入で弊社が収益を得る場合がございます。また、当サイトで掲載しているキーボードに関しては、広告(PR)として紹介している部分もございますので、あらかじめご了承ください。この注意喚起情報は2023年10月1日施行の改正景品表示法第5条第3号の規定に準じています。

Keychron K5 SE Special Editionの価格

Keychron K5 SE Ultra Slim Low Profile Wireless Mechanical Keyboard For Mac Windows White Backlight Low Profile Double Shot PBT LSA Keycap Gateron Mechanical Switch
VersionPriceSwitch Option
LSA White Keycaps(White Backlight Only)$94Low Profile Gateron
LSA Black Keycaps(White Backlight Only)$94Low Profile Gateron
White Backlight$94Low Profile Gateron
Low Profile Keychron(Hot-Swappable)
White Backlight$104Low Profile Gateron(Hot-Swappable)
RGB Backlight$104Low Profile Keychron(Hot-Swappable)
RGB Backlight$114Low Profile Gateron(Hot-Swappable)

このように、スペシャルエディションは通常盤と値段が変わりません。

ただし、キースイッチに関してはLow Profile Gateronしか選択できず、ホットスワップは非対応となっています。

Kawamura top RKawamura

個人的にはオプティカルスイッチの方が好きなので、限定モデルを購入するのであれば、通常盤を購入して、キーキャップを別で購入します。

Low Profile Double Shot PBT LSA Keycapと通常のキーキャップとの違い

Keychron K7 PBT 8 scaled

正直なところ、打鍵感を求めるのであれば「Low Profile Double Shot PBT LSA Keycap」を搭載したモデル以外選択肢に上がらないとさえ思っています。

それくらい、通常盤とは打鍵感が異なるのです。

やはり、1番の違いはキーキャップ自体の重量と厚さでしょう。

通常のABS素材のキーキャップは、バックライト透過性に優れているものの、非常に薄く重量も少ないため、ただでさえ薄いロープロファイルキーキャップの打鍵感を損ねてしまいます。

MX MECHANICAL Mini for Mac 11
画像はMX MECHANICAL Mini for Mac

重量の違いを見てみましょう。

一つあたりの重量ではなんと2倍の違いがあるのです。(一つあたりの重量が軽すぎたので、3つ単位での測定を行っています。

また、通常のキーキャップと比較すると一回り大きいサイズ感となっているため、Keychronのロープロファイルメカニカルキーボードにみられる、キーキャップ同士の隙間がなくなるため、外観の改善にも役立つでしょう。

また、PBTキーキャップは、耐油性に優れるため、皮脂の付着によるキートップのテカリも気になりません。

打鍵音についてはこちらの動画をご覧ください。

まとめ

ここまで、Keychron K5 SE スペシャルエディションについて紹介してきました。

残念ながら、日本では購入できず、Keychron.comから個人輸入する以外に購入できません。

ただし、スペシャルエディションでなければ、日本国内の正規販売代理店から購入することできます。

キーキャップについても、コペックジャパンで取り扱っているため、組み合わせて購入するのがおすすめです。

Kawamura top RKawamura

私はK7で換装しましたが、最高です。

Keychron K7 PBT 7

キーボード関連情報募集中!新製品の情報や掲載してほしい内容があれば問い合わせフォームからどうぞ。

Kawamura

多くの企業様からご連絡をいただいています。
販売促進にぜひ当サイトをご活用ください!

気に入ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

GreenKeys著者情報

河村 亮介のアバター 河村 亮介 GreenKeys運営責任者/事業代表

WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表をしています。他社法人メディアの運営ほかキーボードメディアや通信系メディアへの寄稿を行うなど、ウェブライターとしても活動しています。今年はオリジナルキーキャップセットを作る予定。

タップできる目次