Macbook Proよりも高いキーボード現る|$3,500.00のNorbauerがリリースした、たぶん世界一高額なキーボードとは

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

これはジョークではなく本気の値段です。

パソコンで使うキーボードと聞けば、大体5,000円くらいで買えるものと想像する方が多いことでしょう。

(キーボード沼界隈の方の金銭感覚は恐らくはバグっているので沼の住人は除きます)

アメリカはシリコンバレーに住む「Ryan Norbauer」さんは工業デザイナー兼製作者。

彼がリリースしているキーボードブランドの新作は、なんと$3,500.00です。

Macbook Proのアメリカでの販売価格が$2,499.00ということを考慮すると、ぶっちぎりで高額なキーボードということがわかるでしょう。

気になるネタでしたので、ちょっと紹介します。

情報参照元:https://shop.norbauer.com/products/titanium-editions

この記事の著者
Kawamura top R

GreenEchoes Studio代表

河村亮介(カワムラリョウスケ)

サイト運営者兼WEBライターとして自社メディアを立ち上げ、現在では複数の法人運営メディアの企画運営を行う。仕事上、ヘビーに文字を打つことが多く効率化を求めるうちにキーボード沼にハマり、「GreenKeys」を開設。

タップできる目次

Discount Code:ryo10

to save $5.00 off your purchase.

Discount Code:ryo10

to save 10% off your purchase.

Discount Code:ryo10

to save 10% off your purchase.

Discount Code:ryo10

to save 5% off your purchase.

クーポンコード一覧はこちら▷▷

好きなキーボードレイアウトを探す

当サイトは成果型報酬広告で運営されており、当サイト経由の商品購入で弊社が収益を得る場合がございます。また、当サイトで掲載しているキーボードに関しては、広告(PR)として紹介している部分もございますので、あらかじめご了承ください。この注意喚起情報は2023年10月1日施行の改正景品表示法第5条第3号の規定に準じています。

たぶん世界一高いキーボードNorbauer「Titanium Editions」とは

c94ef5d4b905b3b06632cab91eb068dc
画像参照:https://shop.norbauer.com/products/titanium-editions

Norboyer Titanium Editionsは、一見するとなんの変哲もないただのメカニカルキーボードに見えます。

なぜこんなに高いのか。

説明文を読んでみるとそこに理由が書いてありました。

高額な理由

  • 重量と体積の点で本質的に高額な「チタニウム合金製」である
  • 少量生産となっているため1個当たりの単価が下げにくい
  • 機械による加工が難しく、加工費用が高額

一般的に高級キーボードのボディ材には、CNC加工されたアルミニウムが用いられることが多くあります。

それらのキーボードに関しても、やはり「一般ウケ」する価格帯では販売できないほど高額で、グループバイという形で購入者を募って、購入者の数だけ生産するような形が多くあるのがこの界隈の通例となっています。

大体、アルミニウムボディのキーボードは、2万円から5万円といったところが価格相場です。

そのボディに、「超高級」なチタニウムを採用して、かつ小ロット生産ということで、この価格となったのでしょう。

その中でも、Norbaforce Mark IVは80%レイアウトのキーボードとなっており、1ドル130円換算だと、ざっと45万5,000円です。

ちなみに、HHKBレイアウトの60%キーボード「Heavy Grail Pro 3」は$2,650.00(約344,500円)となっており、こちらの方が購入しやすいでしょう。(白目)

あ、これは確かボディだけの価格で、PCB基盤およびキーキャップはREALFORCEもしくはHHKBのものを使用する必要があります。

HG Aerospace Top
写真は通常のHeavy Grail(アルミニウムもしくはステンレススチールボディ)

画像参照:https://shop.norbauer.com/

ぜひともあなたをキーボード沼に引き摺り込みたい

ちょっとキャッチーな話題だったため、取り上げました。

個人的にはHHKBは大好きなキーボードの一つなので、このチタニウムエディションボディは欲しいところ…ですが、一歩踏み出す勇気は出ません。

この価格でも買う人がたくさんいるのが、キーボードの世界です。

良質な打鍵感や打鍵音のするキーボードは、創造性を向上させるだけでなく、タイピングの速さの改善に寄与する可能性を秘めており、結果として仕事の効率が上がることが期待できると考えています。

一般的にメカニカルキーボードというと、ゲーマーをイメージする方が多いような印象ですが、ビジネスパーソンにこそ使って欲しい逸品です。

キーボードに投資して、仕事の効率が上がるのであれば、どんどん投資した方が良いでしょう。

そして、効率化して余った時間を、キーボードをカスタマイズする時間に当てれば、もう仕事が仕事ではなくなり、無限のタイピングワールドに浸ることができます。(錯乱)

メカニカルキーボードをお探しの方は、ぜひ当サイトのデータベースで検索してみてくださいね。

この記事の著者
Kawamura top R

GreenEchoes Studio代表

河村亮介(カワムラリョウスケ)

サイト運営者兼WEBライターとして自社メディアを立ち上げ、現在では複数の法人運営メディアの企画運営を行う。仕事上、ヘビーに文字を打つことが多く効率化を求めるうちにキーボード沼にハマり、「GreenKeys」を開設。

キーボード関連情報募集中!新製品の情報や掲載してほしい内容があれば問い合わせフォームからどうぞ。

Kawamura

多くの企業様からご連絡をいただいています。
販売促進にぜひ当サイトをご活用ください!

気に入ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

GreenKeys著者情報

河村 亮介のアバター 河村 亮介 GreenKeys運営責任者/事業代表

本職はスマートフォンの乗り換え案内と通信費用節約の専門家です。Mac専用キーボード収集癖の集大成がこのサイト。やはり仕事のツールとして高品質なキーボードは欠かせません。WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表。

タップできる目次