NuPhy Air75v2のインタレストチェック?発売時期や仕様の模索か

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

速報:8月23日からAir75V2のプレオーダーが開始されました。詳細はこちら▷▷

クーポンコード「ryo10」を使用すると10%オフで購入可能です。 
また、Air75v1ユーザーの方は「UPGRADE20」を使用する$20.00オフで購入可能です。

2023年8月15日、NuPhyはX(旧Twitter)などのSNSで、Air75の次期モデルとなる「Air75v2」へのコメント募集を開始しました。

執筆時点で、インスタグラムには多数のコメントが寄せられています。

この記事の著者
Kawamura top R

GreenEchoes Studio代表

河村亮介(カワムラリョウスケ)

サイト運営者兼WEBライターとして自社メディアを立ち上げ、現在では複数の法人運営メディアの企画運営を行う。仕事上、ヘビーに文字を打つことが多く効率化を求めるうちにキーボード沼にハマり、「GreenKeys」を開設。

タップできる目次

Discount Code:ryo10

to save $5.00 off your purchase.

Discount Code:ryo10

to save 10% off your purchase.

Discount Code:ryo10

to save 10% off your purchase.

Discount Code:ryo10

to save 5% off your purchase.

クーポンコード一覧はこちら▷▷

好きなキーボードレイアウトを探す

当サイトは成果型報酬広告で運営されており、当サイト経由の商品購入で弊社が収益を得る場合がございます。また、当サイトで掲載しているキーボードに関しては、広告(PR)として紹介している部分もございますので、あらかじめご了承ください。この注意喚起情報は2023年10月1日施行の改正景品表示法第5条第3号の規定に準じています。

NuPhy Air75v2に関するコメント

コメントの多くは英語圏の方となっており、世界的に人気があることが改めてわかるでしょう。

下記のようなリクエストコメントが目立ちました。

  • ISOレイアウトを用意して欲しい
  • NuPhyコンソールにMacOS対応版を作成して
  • ティルトアングルがつけられるようにティルトレッグを内蔵して欲しい
  • QMKに対応して欲しい
  • V1を持っている方には割引クーポンを発行して欲しい
  • もっとバッテリー容量を大きくして欲しい
  • 他のカラーリングも欲しい

また、Air75以外にも、「エルゴノミックキーボードを発売して欲しい」などの意見も見られました。

一方で、打鍵感に関するリクエストはほとんど目立たなかったのが意外です。

ロープロファイルメカニカルキーボード市場の大きな変化

Air75がリリースされた当時と比較すると、ロープロファイルメカニカルキーボード市場の競争は激化しています。

とりわけ打鍵感に関しては、Air75v1のままでは到底太刀打ちできません。

さらには、吸音材の搭載や新しいキースイッチの追加などでアップグレードされたAir96の仕様でAir75v2がリリースされるだけでは、打鍵感に満足できるユーザーは少ないように思います。

その1番の理由が、ライバルの台頭です。

具体的には、ガスケットマウント構造を搭載し、ぶっちぎりの打鍵感を実現したLofree Flowには勝てないと筆者は考えています。

まずはこちらの比較動画をご覧ください。

こちらの動画では、下記モデルをLofree Flowと比較しています。

  • 0:12 vs NuPhy Air60 Mod(Daisy)
  • 0:28 vs Keychron K7(Mint)
  • 0:47 vs NuPhy Air96(Wisteria)
  • 1:09 vs Apple Magic Keyboard
  • 1:33 vs MX MECHANICAL Mini

Air75に最も近いのが、Air65ですが、こちらは筆者が独自に作成したシリコンダンパーが仕込まれているため、かなりタイトなサウンドになります。

よって、参考にするとすれば、模擬Air75v2であろうAir96の打鍵音になると思いますが、 底打ち音が非常に大きく、打鍵感も雑味が強い印象を受けました。

Air75v2の進化はAir96を越えなければいけない

以上、 Air75v2のインタレストチェックについて紹介してきました。

Lofreeが世の中に出回ってしまった以上、打鍵感においてはAir75はかなり不利な立場となっていることは間違いありません。

Keychronに関しては、QMK/VIAに対応したロープロファイルを次々にリリースしており、Lofreeに関しては、将来的なアップデートによって、技術的にはVIA対応が可能と思われることからも、どの部分で他社との差異を見出していくかに注目が集まります。

すでに古参となってしまったロープロファイルの雄はどのような進化を遂げるのか、注目していきましょう。

追加情報

X(旧ツイッター)で続報が次々と上がってきています。

NuPhy Air75v2は収納可能なティルトレッグを搭載

NuPhy Air75v2は新色を加えた3色展開

2.4GHz帯のポーリングレートが1000Hzへアップグレード

F3

NuPhy Air75v2はついにQMK/VIA対応に

F4DastrWcAI3IkI 1

新しいキースイッチの追加が発表される

F4IkR6dXEAAFqUA

キーボード関連情報募集中!新製品の情報や掲載してほしい内容があれば問い合わせフォームからどうぞ。

Kawamura

多くの企業様からご連絡をいただいています。
販売促進にぜひ当サイトをご活用ください!

気に入ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

GreenKeys著者情報

河村 亮介のアバター 河村 亮介 GreenKeys運営責任者/事業代表

本職はスマートフォンの乗り換え案内と通信費用節約の専門家です。Mac専用キーボード収集癖の集大成がこのサイト。やはり仕事のツールとして高品質なキーボードは欠かせません。WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表。

タップできる目次