Modern97をレビュー!MelGeek初のフルサイズキーボード

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

2023年5月19日、MelGeekは同社初となるフルサイズメカニカルキーボードである「Modern97」の発売を発表しました。

ただし、2024年1月時点では公式サイトからは購入できず、レギュラーラインナップからは外れています。

また、日本語表記では「Mode97」となっていましたが、英語表記では「Modern97」となっていたため、記事内では「Modern97」に統一しました。

加えて、2024年1月3日からKickstarterで新色がクラウドファンディングとして登場しています。

e81d7bd4692b77f02661529faf1561b9 original
https://www.kickstarter.com/projects/mojo68/melgeek-modern-97-compact-and-programmable-mechanical-keyboard
Coupon Melgeek

to save 8% off your purchase.

Discount Code:ryo10

情報および画像参照元:MelGeek

この記事の著者
Kawamura top R

GreenEchoes Studio代表

河村亮介(カワムラリョウスケ)

サイト運営者兼WEBライターとして自社メディアを立ち上げ、現在では複数の法人運営メディアの企画運営を行う。仕事上、ヘビーに文字を打つことが多く効率化を求めるうちにキーボード沼にハマり、「GreenKeys」を開設。

タップできる目次

Discount Code:ryo10

to save $5.00 off your purchase.

Discount Code:ryo10

to save 10% off your purchase.

Discount Code:ryo10

to save 10% off your purchase.

Discount Code:ryo10

to save 5% off your purchase.

クーポンコード一覧はこちら▷▷

好きなキーボードレイアウトを探す

当サイトは成果型報酬広告で運営されており、当サイト経由の商品購入で弊社が収益を得る場合がございます。また、当サイトで掲載しているキーボードに関しては、広告(PR)として紹介している部分もございますので、あらかじめご了承ください。この注意喚起情報は2023年10月1日施行の改正景品表示法第5条第3号の規定に準じています。

MelGeek Modern97の概要について

ここからは簡単にModern97の概要についてみていきましょう。

Modern97の概要
  • 2023年5月19日に新発売となった96%レイアウトのメカニカルキーボード。
  • カラーはOceanとFountainから選択可能
  • 新たにKailh Custom Sonic53キースイッチが選択できる
  • 2023年5月26日までの購入でクーポンコード「Geek$40」を入力することで$99で購入が可能
  • キープロファイルはMCRプロファイルを採用
  • 4層ものPORON層を採用したガスケットマウント構造となっており、快適な打鍵感が楽しめる
  • とにかく安くてお得なキーボード

価格設定について

Modern97を最初にみた時の感想は「安い!」ということでした。

既存のキーボードの価格を見てみましょう。

  • Mojo84 $219.00
  • Mojo68 $199.00
  • Modern97 $139.00→$99.00

このようにぶっちぎりで安いのです。

しかも早期購入割引クーポンを使用するとなんと$100を切ってしまいます。

内容をチープにしているわけではなく、ちゃんとしっかりした内容でこの価格というのは、正直驚きました。

カラーリングと外観について

カラーリングは2色展開となっており、白ベースのOcean、黒ベースのFountainから選択可能です。

ただし、レビュラーラインナップから外れてしまっているため、実質的に選択できるのは、クラウドファンディングでの下記2色となります。

e81d7bd4692b77f02661529faf1561b9 original

ボディ構成に関しては、サンドイッチのような構造となっており、マーブルカラーのトップボトムに、シースルーのプラスチック素材が挟まるようなおしゃれな外観となっています。

恐らくは、トップとボトムがポリカーボーネート、中間の透明な部分がABS樹脂となっていると考えられます。

背面にはUSB Type-Cポートと切り替えスイッチが付いており、底面には滑り止めが5箇所、ゲームコントローラーやトランプの柄をあしらったようなアイコンが並んでいます。

タイピングアングルは7.5度と標準的な角度で、重量は990gと、このサイズのキーボードにしては軽量ですね。

打鍵感とガスケットマウント構造について

これを見ただけでも非常に重厚な構造となっていることがわかります。

Modern97は、4層のPORONマットで構成されたガスケットマウント構造となっています。

これまでリリースされてきたMelGeek製品では、Mojo84とMojo68 Chiristianが3層構造でしたが、それをさらに上回る数となっているため、非常にタイトな打鍵感が期待できるでしょう。

底面の吸音構造を持っていると思われる層はハニカム構造となっており、これまでのものとは異なっていることが伺えます。

接続方法について

6a8bad8b266320b3d6fcbc2cf23e1ce1

接続方法は、これまでのMojoシリーズと同様で、USBレシーバーを使用した2.4GHz帯域を使った無線接続、BT5.1による無線接続、USB Type-Cによる有線接続の3種類となっています。

対応OSはMac/Windowsの他、iPad,iOS,Androidに加えて、Galaxyが入っていることは驚きです。

キーマップ変更ソフトについて

89683894c7296b0b6bde13bc16de1d89

キーマップ変更ソフトは、それまでのKBToolsに変わって、MelGeek Hiveを採用しています。

MelGeek Hiveでは、キーマップの変更だけでなく、RGBライト、ショートカットの設定、マクロの設定、マウステストを実施することができるようです。

メジャーとなっているVIA /Remap /Vialによる設定と比較した使用感が気になるところですね。

新しくKailh Custom Sonic53キースイッチが選択可能に

a6fc5a5c0f3ffdef6d10c84ea6d465b0

また、Modern97からは、単品販売を開始したKaikh Custom Plasticに加えて、新しくKailh Cutom Sonic53キースイッチが選択可能になりました。

両方ともに事前潤滑済みのキースイッチとなっているため、滑らかな打鍵感を味わうことができます。

Kailh Custom PlasticKailh Sonic53
押下圧38±10gf45±10gf
動作までの動き1.80±0.4mm1.2±0.5/-0.2mm
キーストローク3.60±0.3mm4.0±0.4mm
反応LinearLinear
サウンドQuietQuiet

Sonic53に関しての言及はありませんが、スペックを見る限り浅く押し込んだだけでも反応するため、スピード軸のような立ち位置の可能性があります。

また、カスタムゲームスイッチと呼称されているため、一般的な認識である「リアクションが速いキースイッチ」という認識で問題ないでしょう。

4c2bc0318da79234eb7da93c41d87783

ただし、通常のストローク幅となっているため、詳細については実際に試打してみないとなんとも申し上げにくいのが残念。

キーキャップの形状はMCRプロファイルを採用

413a13b38d2cdf2ee70367ddb16848b8

採用されるキープロファイルは、MelGeekオリジナルのMCRプロファイルとなります。

fb5ec0763aa965fe5adacbd3c419fec9 5e5b1fad cc24 4e52 b013

HORSEMANに採用されており、形状としては、CHERRYを若干中央部を窪ませたスフェリカルデザインとなっているのが特徴的です。

キースイッチの素材はPBTではなく肉厚のABS素材を採用しているのがMelGeekらしさですね。

比較的中音から高音よりのカチカチとした打鍵感となるでしょう。

Kawamura top RKawamura

HORSEMANは私も使っていますが、指馴染みのよいプロファイルでした。

MelGeek Modern97スペック詳細

General

  • Brand: MelGeek
  • Model: Modern97
  • Size: 90%
  • Number of Keys: 97Keys
  • Switch Stems: Cross
  • Physical Layout: ANSI
  • Hotswap Sockets:Yes
  • N-key Rollover Support:Yes
  • Switch Mount Type: Plate
  • Plate Mount: Gasket
  • Firmware Compatibility: MelGeek Hive
  • Backlighting: 16-Million-Color RGB LED
  • Backlight Modes: Default 7 mode, fully customizable
  • Compatibility: Windows, Mac, Linux, IOS, Android

Spec

  • Typing Angle: 7.5°
  • Net Weight: 990g
  • Dimensions:382mm*143.3mm*46.6mm
  • Case Height(without keycaps):Front 22mm/ Rear 42mm

Material

  • Frame: PC+ABS
  • Keycap: ABS Double-shot
  • Keycap Profile: Original MCR (Similar to cherry profile)
  • Switch Type: Factory Lubed Kailh Switches

Connection

  • Interface(s): Bluetooth & 2.4G & Wired
  • BT Version: Bluetooth 5.1
  • Battery Capacity: 4000mAh
  • Wireless Working Time (Backlit off): Up to 700 hours (Lab test result may vary by actual use)
  • 2.4GHz Polling Rate: 1000Hz(1ms)
  • Bluetooth 5.1 Polling Rate:125Hz(8ms)
  • Wired Polling Rate:1000Hz(1ms)

Packaging list

  • 1 x MelGeek Mechanical Keyboard
  • 1 x Type C Cable
  • 1 x Keycap Puller
  • 1 x User Manual
  • 1 x 2.4G Dongle
  • 1 x Switch Puller
  • 8 x Keycap

情報参照元:https://www.melgeek.com/products/melgeek-mode97

まとめ

以上、Modern97の概要についてレビューしてきました。

ここまでしっかりした作りのキーボードで、この価格設定は正直安すぎるくらいです。

不思議なことにレギュラーラインナップから外れてしまいましたが、ゲットしたいからはクラウドファンディングから応募しましょう。

https://www.kickstarter.com/projects/mojo68/melgeek-modern-97-compact-and-programmable-mechanical-keyboard

キーボード関連情報募集中!新製品の情報や掲載してほしい内容があれば問い合わせフォームからどうぞ。

Kawamura

多くの企業様からご連絡をいただいています。
販売促進にぜひ当サイトをご活用ください!

気に入ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

GreenKeys著者情報

河村 亮介のアバター 河村 亮介 GreenKeys運営責任者/事業代表

本職はスマートフォンの乗り換え案内と通信費用節約の専門家です。Mac専用キーボード収集癖の集大成がこのサイト。やはり仕事のツールとして高品質なキーボードは欠かせません。WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表。

タップできる目次