MM KeyboardからHHKB配列や80%TKLレイアウトの静電容量無接点方式を採用したキーボードが登場

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

アメリカに拠点を置くMM Keyboardは、2023年11月に立て続けに2種類のキーボードのGBを開始しました。

一つ目はHHKBレイアウトを採用した「MM-HHKB」です。

mm hhkb 303179

ご覧のようにHHKBレイアウトとなっており、ボディの材質やウェイト、プレートを選択して購入することができます。

PCB基盤には、通常のCherry MX互換のものに加えて、静電容量無接点方式のキースイッチに対応したものも選べるのが大きな特徴と言えるでしょう。

価格は$235.00からとなっており、GB終了期限は2023年12月11日です。

購入はこちら▷▷

2つめは、レトロなルックスが魅力の80%TKLレイアウトを採用したClass80 R2です。

class80 r2 keyboard kit 813793 1

限定200セットのみの販売で、メカニカルスイッチ式PCBのAストックが$355.00-,静電容量無接点方式が$450.00からとなっています。

GB期間は設定されていませんが、おそらくは先着200キットに達し次第終了となる見込みです。

ブザーとソノレイドが付属しているため、タイピングに伴う独特の聴覚体験が可能。

購入はこちら▷▷

気に入ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

GreenKeys著者情報

河村 亮介のアバター 河村 亮介 GreenKeys運営責任者/事業代表

本職はスマートフォンの乗り換え案内と通信費用節約の専門家です。Mac専用キーボード収集癖の集大成がこのサイト。やはり仕事のツールとして高品質なキーボードは欠かせません。WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表。

タップできる目次